当サイトへお越し頂きありがとうございます!

はじめまして!
京都の東山在住の主婦、まきと申します。

着物買取 京都

 

当サイトにお越し頂いたということは、
『京都周辺で着物買取できる業者を探している。』もしくは、
『京都で高く買い取ってくれる業者を探しているけどなかなか見つからない。』

 

とお困りのことと思います。
大切な着物を売りに出すんですから、できるだけ高く売りたいものですよね。

 

でも京都で着物買取をしている業者は以外に少なく、業者を探すだけで一苦労。
しかも高額で近くの業者が買い取ってくれるかわかりません。

 

できれば数社に見積もりを出して比較したいけど、
一言で京都の着物買取業者といっても一件一件がめちゃくちゃ離れているので数社で見積もりを出すのはかなり大変><

 

手間も時間も交通費もかかってしまうので、これでは買取してもらう前に疲れてしまいます。
しかも万が一買い取ってももらえなかったり、思ったより安かったらがっかりしちゃいますよね。

 

わたしも着物を売るときすごく大変だったんですが、出張買取サービスでまずは見積もりしてもらうと凄くラクでしたよ^^

着物買取 京都

着物買取 京都

わたしもはじめいろいろまわってみたんですが、全然買い取ってもらえなくて^^;
結局友人に勧められて出張査定に来てもらったんですが、ここだけ買い取りOKだったんです。
しかもちょうど買取強化キャンペーン中で、結構高く買い取ってもらえたのでラッキーでした♪
出張も見積もりも無料なので、まずは電話だけでもしてみてもいいと思いますよ^^

 

 

京都で着物の高額買取が難しいワケとは?

京都の着物買取の特徴

着物買取 京都

買取業者が少ない。

買取業者が一件一件が離れているので査定の比較が大変。

専門的知識に乏しい業者が意外と多い

価格競争がないので高値で買い取ってもらいにくい。

販路が少ないので、そもそも買取が厳しい。

リサイクルショップではほぼ着物買取をやっていない。

着物買取していても、ほとんどタダ同然(泣)

 

京都の着物の需要は?

京都には呉服屋が530店(2015年)あり、全国では12番目です。
京都の呉服店と人口の割合を計算すると、1万人に02.05店舗になります。これは全国では9番目です。
京都の着物の需要は、全国平均から比べても高く、着物買取の需要もかなり高いといえるでしょう。
ただ需要のわりに着物買取してくれる業者はとても少ないのが印象的です。
売る側からするとこの結果はラッキーなはずなんですが、需要はあるけど高く売れない。

 

じゃあどうればいいの?ってかんじですよね^^;
ここからは高額で着物買取をしてくれる業者さんについてお話しますね^^

 

 

京都で高くで着物買取してくれるのはどの業者?

着物買取 京都

 

京都で着物売るのは大変ですが、本当に高く買い取ってくれる業者はないのでしょうか?
いえいえ。決してそんなことはありません。

 

でもちょっとしたコツが必要なのでお話していきますね^^
ではまず、京都の着物買取業者の一覧を見てみましょう!

京都の着物買取業者の一覧

着物買取店舗名 電話番号 住所
京都高級呉服買取センター 0120-075529 京都府京都市山科区北花山大林町15−1
スタイル 0120-045988 京都府京都市下京区松原東洞院東入本燈籠3
リサイクルサービスひまわり 075-411-8528 京都府京都市上京区飛鳥井町275
買い屋本店 0120-202340 京都府京都市上京区今出川通七本松西入真盛町726−8

 

調べたところでは全部で4件ありました。
独自調査なのでどこまであっているかはわかりませんが、実は着物買取やってるところって少ないので意外と見つけるの大変なんですよね^^;
わたしも何件かまわりましたが、どこがいいのか結局決められずにいました。

 

では次にわたしが最終的に『選んでよかったー!』と思ったおすすめのお店を紹介しますね^^

 

 

京都でオススメの着物買取業者!

 

買取プレミアム

着物買取 京都

 

買取プレミアムの魅力はなんといっても、宅配買取にも対応していることです!
即日買取.comほど買取価格は高値はつきにくいですが、自分の用途に合わせて査定方法を選べるのがいいですね。
もちろん査定も相談も買取手数料も無料!受付は24時間可能です。
即日買取.comで出張買取の地域外の人にオススメです^^

着物買取 京都

《京都の対応地域》

京都市北区・京都市上京区・京都市左京区・京都市中京区・京都市東山区・京都市下京区・京都市南区・京都市右京区・京都市伏見区・京都市山科区・京都市西京区・福知山市・舞鶴市・綾部市・宇治市・宮津市・亀岡市・城陽市・向日市・長岡京市・八幡市・京田辺市・京丹後市・南丹市・木津川市・大山崎町・久御山町・井手町・宇治田原町・笠置町・和束町・精華町・南山城村・京丹波町・伊根町・与謝野町

 

 

着物買取のコツ!〜京都で高額買取する秘訣〜

着物買取 京都

 

京都で高く買取してくれる業者はご紹介しましたので、更に高く売るコツをご紹介します^^

@小物や証紙。あるものをまとめて査定するべし!

帯・下駄・足袋・草履・扇子・根付・帯締め・帯揚げ・かんざしなど、和装の小物はあるだけ同時に査定してもらいましょう。
小物自体には値段はつきにくいですが、まとめて査定することで着物の査定額に色をつけてもらることがありますよ^^

 

A査定は着物買取専門業者に依頼するべし!

『遠いところに行くのはめんどくさいから、近所のリサイクルショップに持っていこう♪』

着物買取 京都

な〜んて思っていませんか?
いくらいい着物でもこれでは絶対に高く売ることはできません。

 

着物は奥が深いもの。なので査定も簡単なものではありません。
専門的な知識が必要です。
でも専門家ならタダで譲り受けた着物だって高値で売ることも可能です。

 

B出張買取に査定をお願いすべし!

正直、大きい京都で何件も着物買取業者をまわるのは辛すぎます^^;
だからといって宅配業者では実際にどんな方法で査定されているかもわかりませんし、ぶっちゃけ不安ですよね。
もし無料だったとしても、その労力や時間はもったいないです。

 

出張買取だと、その場でなんでも質問できますし安心です^^
なにより交渉できるので、有利に査定することができますよ!

 

着物の高額買取〜ヒミツの裏技〜

 

買取業者のキャンペーンを利用する!

 

着物買取業者によっては、買取強化のキャンペーンをやっています。
買取額が通常の2〜3割アップしますから、それを狙うのがベストです!
ここ、わたしも使った業者さんなんですが、出張買取ですし今キャンペーン中ですしオススメです^^

 

即日買取.jp>URL
電話問い合わせ:0120-660-705
丁寧に対応してくれるので、気軽に電話してみてください♪

 

京都で着物買取のコツ!〜京都で高額買取する秘訣〜 まとめ

 

 

着物を売る・交渉に使える!相場・産地・種類

京都の織物&着物紹介を紹介します^^

西陣織(にしじんおり)

いわずと知れた高級着物の代表作。
京都府京都市の西陣地域で生産されています。
西陣は日本を代表する絹織物の生産地で、袋帯・なごや帯をはじめとする帯が有名だが、ほかにも綴、唐織、羅、錦、緞子、金蘭、御召、紬など、帯から着尺、法衣まで多様な種類が織られている。

 

丹後縮緬(たんごちりめん)

京都府の丹後地方で生産されている絹織物。
生地全面に細かい凸凹状のシボがでていて、それによりシワがよりにくくしなやかな風合いに優れていることが特徴。

 

藤布(ふじぬの)

京都府の丹後地方で生産されている国の重要有形民俗文化財の織物。
万葉集にも詠まれた日本古代の織物で、藤の蔓の皮をはいで糸を作り織り上げた布。
日本では木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし布が織られていた。

 

 

着物売るときの一般的な相場

振袖 1万円
訪問着、付け下げ 1万円
7千円
黒留袖 6千円
小紋 6千円
袋帯 8千円
名古屋帯 6千円
根付、帯締め、帯揚げ、下駄などの和装小物 千円〜2万円

参考:山徳グループ買取価格

 

人間国宝・伝統工芸品の買取相場

由水十久(訪問着) 10万円
久保田一竹(訪問着) 10万円
羽田登喜男(訪問着) 10万円
芭蕉布  10万円
宮古上布   10万円
百貫華峰(訪問着)  6万円
玉那覇有公   6万円
琉球紅型(訪問着) 5万円
牛首布(訪問着) 5万円
結城紬(重要無形文化財に限り) 5万円
久米大島紬 3万円
加賀友禅(訪問着) 3万円〜10万円

※参考:山徳グループ買取価格

 

高額売れやすい作家や産地一覧

作家 人間国宝・工芸会、国画会の有名作家の着物、老舗呉服屋の仕立物
産地 加賀友禅、京友禅、越後上布、薩摩絣、丹波布、結城紬など
種類 訪問着→振袖→紬→留袖→小紋→帯
有名デパートや有名呉服店 高島屋、三越、大丸、銀座越後屋、やまと、ゑり善、銀座志ま亀など
各地の有名染織物 友禅、大島紬、結城紬、芭蕉布、越後上布、宮古上布など

有名作家や
国宝級職人の作品

久保田一竹、喜多川平朗、小宮康孝、木村雨山、玉那覇有公、上野為二、古賀フミ、与那嶺貞、中村勝馬、北村武資、宗廣力山、川島甚兵衛、山田貢、平良敏子、志村ふくみ、森口華弘、田島比呂子、由水兄弟、青木滋芳、伊達弥助 など

 

産地別!高額買取されやすい伝統工芸品一覧

京都都 村山大島紬(むらやまおおしまつむぎ)、黄八丈(きはちじょう)
京都 館山唐桟(たてやまとうざん)、銚子縮(ちょうしちぢみ)
京都県 秩父銘仙(ちちぶめいせん)、所沢絣(ところざわがすり)
栃木県 足利銘仙(あしかがめいせん)、佐野縮(さのちぢみ)
群馬県 桐生お召(きりゅうおめし)、伊勢崎絣(いせざきがすり)、館林木綿(たてばやしもめん)、館林紬(たてばやしつむぎ)
茨城県 結城紬(ゆうきつむぎ)、石下紬(いしげつむぎ)
静岡県 遠州木綿(えんしゅうもめん)、掛川葛布(かけがわくずふ)、颯々織(ざざんざおり)
愛知県 有松・鳴海絞(ありまつ・なるみしぼり)、三河木綿(みかわもめん)
長野県 信州紬
岐阜県 群上紬(ぐじょうつむぎ)
新潟県 小千谷縮(おぢやちぢみ)、塩沢紬(しおざわつむぎ)、本塩沢(ほんしおざわ)・塩沢お召(しおざわおめし)、越後上布(えちごじょうふ)、十日町紬(とうかまちつむぎ)、十日町お召(とおかまちおめし)、五泉平(ごせんひら)、栃尾紬(とちおつむぎ)、片貝木綿(かたがいもめん)
石川県 牛首紬(うしくびつむぎ)、小松綸子(こまつりんず)、加賀友禅(かがゆうぜん)、能登上布(のとじょうふ)
福井県 福井春江縮緬(ふくいはるえちりめん)、羽二重(はぶたえ)、越前墨流し染(えちぜんすみながし)
滋賀県 近江上布(おうみじょうふ)、浜縮緬・濱縮緬(はまちりめん)、長浜縮緬(ながはまちりめん)
三重県 松坂木綿(まつさかもめん)
京都府 丹後縮緬(たんごちりめん)、西陣織(にしじんおり)、京友禅(きょうゆうぜん)、鹿の子絞(かのこしぼり)
兵庫県 丹波木綿(たんばもめん)、兵庫 丹波布(たんばふ)
奈良県 大和絣(やまとがすり)
愛媛県 伊予絣(いよがすり)
岡山県 作州絣(さくしゅうがすり)
島根県 広瀬絣(ひろせがすり)
鳥取県 弓ヶ浜絣(ゆみがはまがすり)、倉吉絣(くらよしがすり)
広島県 備後絣(びんごがすり)
徳島県 阿波しじら(あわしじら)
高知県 土佐木綿(とさもめん)、土佐綿紬(とさめんつむぎ)
福岡県 博多織(はかたおり)、久留米絣(くるめがすり)、小倉織(こくらおり)
長崎県 島原木綿(しまばらもめん)
佐賀県 佐賀錦(さがにしき)
宮崎県 薩摩絣(さつまがすり)
沖縄県 琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)、琉球絣(りゅうきゅうがすり)、芭蕉布(ばしょうふ)、久米島紬(くめじまつむぎ)、八重山上布(やえやまじょうふ)、宮古上布(みやこじょうふ)、読谷山花織(よみたんざんはなおり)、首里織(しゅりおり)、与那国花織(よなぐにはなおり)